WB工法

従来の外通気工法に加え内壁内の通気を取り入れた、WB(ダブルブレス:二つの呼吸)工法を採用しています。

一つ目の呼吸は「家の呼吸」です。夏は壁の中の空気を流し室内の空気を快適に保ち、冬は外の空気を遮断し、気密性と断熱性を上げることで室内の熱を逃がしにくくします。
もう一つの呼吸は「壁の呼吸」です。室内の化学物質や臭いを屋外に排出する仕組みです。湿度が上がりにくいのでカビの抑制効果も発揮します。弊社では内壁の仕上げに塗り壁(漆喰)を施しているのでビニールクロスと比べると透湿効果も十分あります。

これらの仕組みは気温の変化に対応する形状記憶合金を使い、吸排気の自動開閉を行っており、これらによって住み心地の良い住宅の維持管理を機械に頼ることなく実現しています。

1.壁の中の通気性

壁の中を空気が流れるので、夏の熱気も湿気もこもりません。
湿気で木材が劣化しないから、家はいつまでも丈夫です。

通気口から入った空気は、床下の冷たい空気と混ざって壁の中を上昇します。
自然な空気の流れが、焼け込みの熱を緩和し、無駄な湿気を一掃する仕組みです。
壁の中を空気が流れることで、室内は熱気の影響を受けにくい快適な空間になります。

2.気温に反応する形状記憶合金

暑くなったら服を脱ぎ、寒くなったら服を着こむ。
人はそうやって季節に応じた服装をしています。
家も同じように、季節に合わせて衣替えすることができるのです。

WB HOUSEは、各通気口に、気温の変化で伸縮する形状記憶合金を利用しています。
気温に応じて通気口が自動的に開閉する発想により、家も人と同じように衣替えができるのです。

3.気密性と断熱性

形状記憶合金で通気口からの冷気を遮断し、冬の冷え込みを抑えます。
壁の中に空気の層ができて、家の中の気密性と断熱性がアップします。

気温が低下すると各通気口は自動的に閉じて、冷たい空気の侵入を防ぎます。
壁の中の空気を動きにくくすることで、室内暖房の熱が逃げにくくなり断熱性がアップします。
夏の通気性とは一変、家は気密性が高い状態になります。

4.湿気を通す壁

土壁の原理を応用し、臭いも化学物質も湿気と一緒に壁を透過。
換気システムに頼らなくても、深呼吸したくなる結露しない家が実現します。

室内の有害な化学物質や生活臭は、湿気とともに透湿性の壁を透過して、屋外へ排出されます。
機械による室内換気をしなくても、室内ホルムアルデヒド濃度を低く抑えることができます(厚生労働省指標値0.08ppm)。
余分な湿気も抑えるので結露する心配もありません。室内は常にクリーンな空気で保たれます。

WB HOUSEコンセプトムービー